埼玉県さいたま市緑区東浦和で妊婦の為にマタニティ整体を提供している東浦和整骨院

東浦和整骨院
東浦和整骨院

マタニティケア整体

あかちゃんとママの為のマタニティケア整体
マタニティケア整体予約

今、マタニティケア整体が必要な理由

元気な赤ちゃんの発育のためにもマタニティケア整体が必要になります。

マタニティケア整体をやることによって、妊娠中低下していた血流を循環するよう促すため胎児に栄養が行きやすくなります。
そうすることで元気な赤ちゃんが育ちやすくなります。


内臓機能向上のためにもマタニティケア整体が必要になります。

妊娠中は胎児の成長に伴って母体のお腹が大きくなっていきます。それにより内臓の圧迫が起こり、内臓の機能低下や緊張が起こりやすくなります。
そのため、血液循環の低下や体内の解毒機能の低下が起きやすくなり消化不良や便秘、下痢の原因の一つでもあります。


なぜ、妊娠時に腰痛、肩こり、冷え症が起こるのか?

妊娠すると出産に向けて、外見上はもちろん体の中の環境も大きく変化していきます。 外見上、徐々にお腹が大きくなることで足のむくみ、腰痛、肩こり、冷え性などが起こることがあります。 また、ホルモンの分泌の変化により、つわりが起きたり、骨盤周りの関節が緩み始めたりもします。ホルモンの影響により下半身が不安定になることで腰に負担がかかり腰痛にも影響していきます。 これまでに腰痛になったことがなかった方でも妊娠中のホルモンの影響などにおいても腰痛になってしまったりするのです。 これが妊娠初期の腰痛の原因になります。


妊娠中の様々な症状を軽減させるためにもマタニティケア整体が必要になります。

妊娠中は胎児の成長に伴って母体のお腹が大きくなっていきます。それにより内臓の圧迫が起こり、内臓の機能低下や緊張が起こりやすくなります。
そのため、血液循環の低下や体内の解毒機能の低下が起きやすくなり消化不良や便秘、下痢の原因の一つでもあります。


妊娠すると今までと変わらぬ生活習慣をしていてもこういった影響で様々な症状が出てきたりします。 だからこそ、妊娠前よりもよりお体に対するケアをよりしっかりとしていかなければなりません。 出産は、人生において何度も経験するわけではないので、初産の方はもちろん2度目3度目の方でも十分理解していないこともあると思いますので、 時期や症状に応じて出産に対する準備をしなければなりません。 しっかりと準備をすることで、お母さんはもちろん、赤ちゃんにとっても楽な出産になるのです。 その辺りの注意点も姿勢のプロの立場からご指導いたします。


短時間で出産させるためにもマタニティケア整体が必要になります。

また、お腹の出っ張りが上の方に維持できるようになると股関節付近での圧迫が軽減され下肢のむくみやこむら返りなどの症状も減少いたします。 お腹の出っ張りを上に保つような施術を行うことによって、出産がスムーズにいくようになります。 太ももの内側の筋肉の柔軟性をアップさせることで出産時の骨盤を開きやすくさせます。 (恥骨部の痛みを予防する効果あり)
また、産後骨盤がしっかり閉じないことで恥骨痛などになりやすくなります。 骨盤が開きやすくなることや、お腹の出っ張りの位置を上に保つことで出産時の疲労が抑えられ、産後の回復も早くなります。


良い出産をするために必要なこと

良い出産をするには、 睡眠・食事・姿勢が大切

良い睡眠は疲労回復に役立ちます。普段から規則正しい睡眠をすることで、出産に向けた体力の向上につながります。質の良い睡眠を得るためには、妊娠中の体調管理が必要になってきますのでご相談ください。

正しい食事は、お母さんの体調に関わるのはもちろん、胎児である赤ちゃんの成長にも大きく影響いたします。元気な赤ちゃんが育ちやすくなる環境を整えるため、妊娠はもはやお母さん一人の体ではありません。赤ちゃんのためにも妊娠中の食事に十分配慮してください。

正しい姿勢づくりは、出産時のお母さん・赤ちゃん両方の負担を軽減いたします。正しい姿勢とは、見た目上の姿勢だけでなく、体を動かしたときの柔軟性も含まれます。適切な部分の柔軟性とお腹の出っ張りを上部に安定させることで短時間での出産がしやすくなります。また、短時間で出産することで出産後の体力も温存され、より早期に子育てに集中できるようになります。



マタニティケア整体はいつから受けるべきなのか?

基本的には安定期を過ぎた時期から受けるのがベストです。

マタニティ整体を行うのは、【妊娠中元気な赤ちゃんが発育できるような体の環境作り】【出産に向けて短時間で出産できる体作り】が目的です。

ベストな発育環境とベストな出産環境を整えるには多少の時間がかかります。 そのためにもできるだけ早期からのマタニティケア整体をおススメします。
また、妊娠後期や出産間近であってもマタニティケア整体は全く効果がないわけではありません。少しでも施術を受けることでより良い出産の環境で迎えられます。


マタニティケアに関する院長の想い

東浦和整骨院の院長浅見です。
当院では、さいたま市はもちろん川口市、朝霞市、和光市、越谷市など、遠くは県外からもマタニティ(妊婦さん)ケア整体を受けに通われています。多くの方が妊娠中、腰痛や肩こり、浮腫みなどの症状に悩まれています。
しかしながら、妊娠中の場合,施術をやってくれるお店が少ないため、そういった症状に悩まれている妊婦さんの中にも諦められている方も多くいらっしゃると思います。そういった方々のために少しでもお役に立てばと、書かせていただきました。

【マタニティケア整体を取り入れようとしたきっかけ】

私自身、二人の子供に恵まれました。
第一子となる長男が産まれた時、それはそれは大変な難産でした。気ごころ知れたご両親の元、里帰り出産を望んだ妻は大阪の実家に帰省いたしました。当時私は東京に住んでいたため、勤務していた病院で連絡を待っておりました。そして、いよいよ予定日も過ぎ、もうそろそろタイムリミットも近づいてきたので、私は妻の待つ大阪へ向かいました。

大阪の産婦人科に着くと、軽いながらも陣痛が始まっており、辛そうながら私が来たことで妻は少し安心したようにも見えました。夜になり、段々陣痛の感覚が短くなり、夜通し私も腰をさすっておりました。当時からすでに治療家でありながら、全くと言っていいほど妊婦さんのケアについては無知でした。翌日になると今日中に産まなくてはいけないということで分娩室に朝早くから入っておりました。

妻の表情も段々と辛さが増してきたようにも見えました。その横で、必死に励ましながら手を握り元気づけるしかありませんでした。
何度も何度も代わってあげたいと思いながらも男としての無力さを覚えました。分娩室に入って約5時間後にようやく長男が産まれました。

それまで、出産のシーンをビデオに撮りたいとか、写真に残しておきたいと言っておりましたが到底そんな感情は湧きませんでした。助産師さんやはたまた出産を終えた嫁さんに「ビデオ撮らなくていいの?」と言われるまで撮る事自体も忘れておりました。

第一子となる長男の出産はお世辞にも「安産だったね」とは言えませんでした。その後、次の子が産まれる頃までには、妻の症状を軽くさせたいと思い、妊娠や出産のケアを勉強いたしました。

【マタニティケア整体を学んでからの第二子出産】

それから数年が経ち、第2子を妊娠することになった妻は、定期的に私のマタニティケアを受けるようにしました。妊娠中、腰痛や肩こりも訴えましたが施術を受けるとすっかり症状もなくなり、それ以上に出産の準備に向けての姿勢作りを重視するように指導いたしました。

そうしてようやく迎えた出産の日。朝から陣痛もあり、夜中の23時過ぎに病院に向かいました。助産師さんによると、「まだ今日は産まれないと思いますが明日には産まれるかもしれませんので、入院しましょう」という感じのものでした。

それから私は妻を残し1人家路に帰っている最中に妻からの電話。電話を取ると、「産まれる~~~」という叫び声に近い声が聞こえ、その直後電話に話しかけるとすでに電話は切られていました。

すぐに病院に戻りましたが、分娩室からは赤ちゃんの産声が聞こえてきました。出産後の処置に入ったため、その後30分ほど廊下で一人産声を聞きながら待っていました。その後分娩室に入ると、ほっとした妻と元気な赤ちゃんを目にすることができました。
その産婦人科は、無痛分娩の産婦人科でしたがあまりにも急に産まれることになったため無痛分娩の処置も出来ずに出産となりましたが、1人目の時とは全く異なる安産でした。

振り返ってみたら、妻もマタニティケアを受けていたからだと実感してくれて、私自身もとても自信に繋がりました。

その後、130人以上のマタニティケアを施していますが、その都度みなさんに喜ばれるのが私自身大変うれしく思っております。


【スタッフが妊娠したことで、定期的に施術をしてあげることになりました。】

つい最近になり、当店のスタッフが結婚後妊娠したと報告を受けました。
元旦に婚姻届けを出し、その後4月に妊娠の報告。その前日社員研修という名目でディズニーシーに行った際に普段ならビールを頼んでいるスタッフを見て、何で飲まないのかと不思議に思いましたが、実はその時すでに妊娠を分かっていたんですね。

しかも、休みの時間に呼び出されて涙をながしながら申し訳なさそうに妊娠を報告してきたときには「おめでとう!!!でも、なんで泣くの?妊娠は喜ばしいことだからもっと笑顔で」と言う私にそれでも「すみません」とつぶやくそのスタッフにこちらが謝りました。

お店のことを考えて、申し訳ないとそのスタッフは感じたのだと思いますが、本来、妊娠は喜ばしきことであり、スタッフも喜んでそのことを報告をし、報告を受けた私も「おめでとう♪♪♪」と笑顔で祝福してあげなければ、何のために生きているのか。目的と目標をはき違えてしまいます。そういった気を使わせてしまった私自身お店の体質を改善しなければならないと感じました。

話は脱線しましたが、その後も順調に妊娠生活を送るスタッフが7ヶ月目ぐらいから段々と腰痛や肩こりを訴えるようになりました。その都度、ケアをしてあげておりましたが、ケアのビフォーアフターで痛みの変化が10から0になるほど症状がなくなったそうです。最初、0はお世辞じゃないかと感じましたが、何度訪ねても「痛くないです」と笑顔でスタッフは答えていました。

身内にやる治療と患者さんに行う治療が異なるという方もおりますが、私は全く同じです。その時の状況においてベストな治療を選択して施術しておりますので、このスタッフの痛みがなくなったという結果は私自身のマタニティケア整体の更なる自信に繋がりました。

今後も、たくさんの妊婦さんや産後のママさんに対して更なる知識やスキルのアップに努め多くの皆様のお役に立てられるよう日々頑張ってまいります。

また、今勉強しておりますのは、私自身も悩みました【不妊】についても勉強しております。ただ、無責任なことは言えませんので、多くの症例などを勉強しながら、自信をもってお届けできる時期が来ましたらそちらのコースもご案内をしたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
質問・疑問については遠慮なくご連絡ください。

東浦和整骨院
院長  浅見弘幸


マタニティケア整体の料金

施術料金8640円
マタニティ整体予約


施術の流れ

症状について問診表に出来るだけ細かくご記入ください。問診表に基づいて症状について詳しくお聴きします。気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。   症状には必ず原因があります。問診での情報を元に原因の絞り込みをしていきます。原因が不明な場合には、各種医療機関へご紹介いたします。   検査の情報を元にお体の状況をご説明いたします。納得が行くまでご不明な点はご質問ください。また、施術体位、施術方法についてのご希望などがございましたら何なりとお申し付けください。   患者様の症状やご希望に応じて最適な方法で施術していきます。施術途中でも気になる点がございましたら遠慮なくお申し付けください。   施術結果を詳しくご説明いたします。今後の通院ペースについてもご相談ください。
また、必要に応じてご自宅でのエクササイズのご指導いたします。

東浦和整骨院へのアクセス

東浦和整骨院
埼玉県さいたま市緑区東浦和4-7-6 鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825


大きな地図で見る