埼玉県さいたま市緑区の東浦和整骨院は口コミで好評の整骨院です。骨盤矯正と姿勢矯正で根本改善を目指します。

東浦和整骨院
東浦和整骨院

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑬

こんにちは!尾上です。

 

今月の18日・19日に一周年の

 

イベントを行います!!

 

お時間がある方は是非とも

 

東浦和整骨院にお越しください(^^)

 

さっそくですが本日のテーマ

 

〈関節運動の方向と動かせる範囲には限界がある〉

 

の説明をさせていただきます。

 

 

【3平面を基準に関節の運動を分類する】

 

関節運動を分析するときには通常

 

直交する平面で捉えます。このとき

 

動作面の基準として使われるのが

 

身体を左右に分ける矢状面

 

前後に分ける前額面

 

上下に分ける水平面と呼ばれる

 

3方向の平面です。これらの3平面を

 

基準にして、主要な関節の運動を

 

表現すると次のようになります。

 

まず、矢状面上で行われる前後の運動は

 

関節を曲げる場合を屈曲

 

伸ばす場合を伸展といいます。

 

肘関節、肩関節、股関節、膝関節の

 

運動に使います。

 

次に、前額面上を左右に動く運動で

 

身体の中心から遠くへ離れていく

 

動きを外転、逆に近づいてくる動きを

 

内転といいます。肩関節や股関節に使います。

 

最後は水平面上を回旋する運動で

 

身体の中心から外向きになる

 

動きを外旋、内向きになるような

 

動きを内旋といいます。

 

肩関節、股関節に使います。

 

肩甲骨、肘関節、手関節、足関節などは

 

慣例として特殊な表現も使われます。

 

 

【関節が動ける範囲は決まっている】

 

関節は部位によって動ける範囲が

 

決まっています。特別な障害のない状態で

 

動かすことのできる範囲を関節可動域と

 

いいます。関節可動域には関節を

 

構成する靭帯、腱、筋、関節包などの

 

状態がかかわってきます。これらの組織が

 

硬いほど関節可動域は狭くなります。

 

ここでいう「硬さ」は筋の緊張によっても

 

引き起こされるためストレッチングなどで

 

筋の緊張を解くことができれば

 

関節可動域は広くなります。

 

また、ひとつの運動に対して

 

2つの関節がかかわっている場合には

 

それら両方の関節可動域を加算したものが

 

動作の可動域となります。

 

たとえば、正常な肩関節に場合

 

腕は約180度まで上げられますが

 

このとき肩甲上腕関節によって動かせるのは

 

約120度までで、残りの60度は

 

肩甲骨の外転によります。

 

つまり、肩甲骨の外転運動は

 

肩甲上腕関節と肩甲骨が2:1の

 

割合で使われることでスムーズな

 

運動が保たれているのです。

 

これを肩甲上腕リズムといい

 

このリズムが崩れると力が入りにくく

 

なったり、障害の原因となったりします。

 

【豆知識】

 

肩甲骨を上げることを挙上

 

下げることを下制

 

肘関節にかかわる前腕の運動は

 

手のひらを上に向けることを回外

 

下に向けることを回内と呼びます。

 

次回のテーマは

 

〈筋は身体を動かすために連動して働く〉

 

です。お楽しみに♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月09日

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑫

こんにちは!尾上です。

 

早いものでもう6月ですね!

 

5日から関東も梅雨入りを

 

発表されたみたいです。

 

傘が手放せない日が続きそうですね。

 

さて、さっそく本日のテーマ

 

〈関節はつながり方によって運動方向が違う〉

 

についての説明をさせていただきます。

 

 

【関節面には色々な形状がある】

 

関節の運動には、曲げる

 

伸ばすの他に骨の長軸方向に

 

まわすという運動もあります。

 

2つの骨の関節面が凸凹の

 

関係ではまり合うように

 

なっている場合がほとんどですが

 

中には平面どうしであったり

 

一方が球面であったりするものも

 

あります。

 

関節面の形状や運動方向の異なる

 

6種類の関節について

 

その特徴をみていきましょう。

 

  • 一軸性関節

 

運動軸がひとつしかなく

 

ひとつの平面内でのみ

 

動かすことのできる関節で

 

形状から2つに分けられます。

 

蝶番関節は関節をつくる

 

一方の骨に溝、他方の骨には

 

隆起があり、ちょうどぴったり

 

はまる構造になっていて

 

一定方向に曲げたり伸ばしたり

 

できます。また、車軸関節は

 

骨の長軸方向の回転運動を行う

 

関節で、一方の骨が円柱状の

 

まわりを滑るように動く

 

仕組みとなっています。

 

肘関節は蝶番関節と車軸関節の

 

合わさった形態となっているため

 

曲げたり伸ばしたりできるうえに

 

前腕部を内側と外側に

 

まわすこともできるのです。

 

  • 二軸性関節

 

二軸性関節は運動軸が2つあり

 

円錐を描くような動きが

 

可能なのが特徴です。

 

一方の骨と他方の骨が凸凹の

 

関係でつながっていて

 

通常は凸側の骨が軸となります。

 

親指を付け根から動かす関節に

 

代表される鞍関節はその名の通り

 

馬の鞍に人がまたがっている

 

状態と同じ形をしているのが

 

特徴です。もうひとつは

 

手首を動かす関節で、一方の骨が

 

楕円形の半球状をしていることから

 

楕円関節といいます。前後・左右の

 

2方向への運動が可能です。

 

  • 多軸性関節

 

多方向への運動が可能な関節です。

 

肩関節のように一方が球状

 

もう一方がくぼみをつくっている

 

ものを球関節といい、あらゆる

 

方向にまわせるなど自在に

 

動かすことができるのが

 

特徴です。ただし、股関節の

 

ようにくぼみが広くて

 

深いものは臼状関節と

 

区別して呼ぶこともあります。

 

また、小さな骨が連結している

 

背骨のように関節面が平面

 

どうしのものは平面関節といい

 

靭帯によって制限されているため

 

可動範囲は小さいですが

 

多方向へ動かせます。

 

 

【豆知識】

 

凸側の骨を固定し凹側の

 

骨を動かすと接触面は骨の

 

動く方向に滑るが、凹側の

 

骨を固定し凸側の骨を動かすと

 

逆方向に滑ります。

 

これを「凸凹の法則」

 

といいます。

 

 

次回のテーマは

 

〈関節運動の方向と動かせる範囲には限界がある〉

 

です。お楽しみに♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月06日

腹部・横腹(体幹前・側部)の筋肉群

 

こんにちは!石山です!

 

梅雨は来るのかな?と思わせるような暑い日が続いていますね!

 

今日は腹部・横腹(体幹前・側部)の筋肉群についてです。

 

腹腔の形態は腹筋群の力によって維持される

 

体幹の上約半分は「胸郭」という骨(胸椎、肋骨、胸骨)に取り囲まれた空間があり、

 

心臓や肺といった内臓を保護しています。

 

体幹の下約半分は「腹腔」という筋肉で取り囲まれた空間があり、

 

胃、腸、肝臓といった内臓を収めています。

 

腹腔は胸郭のような骨ではなく、前部を腹直筋、外側部を内腹斜筋、外腹斜筋、

 

腹横筋といった腹筋群によって取り囲まれています。

 

腹腔の形態は、これらの腹筋群が力を発揮し続けて腹部を引き締めることによって

 

維持されます。

 

腹筋群を鍛える意義

 

人は大きな力を出そうとする時、無意識に息を吸って、

 

いったん体幹を膨張させてから動作を開始します。

 

緊張した体幹を、腹筋群を使って収縮させると体内の圧(腹圧)が高まります。

 

そうすることで体幹が強く固定され、大きな力を発揮できるようになるからです。

 

この腹筋群の力を補うものとして、体幹補助装具(コルセットやトレーニング・ベルトなど)

 

があります。

 

体幹補助装具の目的は“腰部の固定”と“腹圧を高めること”にありますが、

 

本来働くべき腹筋群や、腰椎を固定するインナー・マッスルが衰えてしまうので、

 

それらに頼りすぎるのも問題です。

 

腹筋群が弱まると、腹腔に収まる内臓は前方に向かってせり出していき、

 

腹部が膨らんでしまいます。腹部が前方にせり出して来ると、腰椎の前弯が大きくなります。

 

つまり腹筋群を鍛えることは、腹腔内の内臓を正しい位置に保ち、

 

腰椎の過剰な前弯を予防するためにも重要なことなのです。

 

一般的な腹筋運動(体幹の屈曲運動)は、腹筋群をまんべんなく強化する体幹の

 

トレーニングとしては、不十分といえます。

 

いかがでしたか?

 

次回は腹腔深部の筋肉群についてです。

 

お楽しみに~(^◇^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月10日

背部(体幹後部)の表面に位置する筋肉群について

こんにちは!石山です!

 

暑い日が続いていますが、皆さま体調は崩されていませんか?

 

今日は体幹後部の表面に位置する筋肉群についてです。

 

表層部筋肉群(アウター・マッスル)の種類

 

体幹後部(背中)の表層部筋肉群(アウター・マッスル)は、僧帽筋、広背筋で、

 

その下層に菱形筋、肩甲挙筋があります。

 

体表に位置しているアウター・マッスルでありながら、

 

身体後部にあるため意識することが困難な筋肉でもあります。

 

これらの筋肉は、脊柱と上肢(肩甲骨と上腕)をつないでおり、脊柱を文字通り

 

“柱”として利用することで、上肢の自由でダイナミックな動きを可能としています。

 

上肢とは腕を意味する言葉です。

 

解剖学的に上肢の骨(上肢骨)は、鎖骨・肩甲骨を合わせた上肢帯と、

 

上腕骨以下のすべての骨を合わせた自由上肢骨で構成されています。

 

脊柱と上肢に関係

 

上肢骨は、細くて小さな鎖骨を介して(肩鎖関節によって)のみ体幹に連結されています。

 

つまり、重い上肢はそのほとんどを筋肉によって支えられています。

 

よく“肩甲骨は筋肉の中に浮かぶ骨である”と言われています。

 

これは肩甲骨が体幹後部の筋肉群によって胸郭の上に保持され、

 

スライドするように移動するためです。

 

肩甲骨と胸郭の間は肩甲胸郭関節と呼ばれますが、解剖学的な関節ではなく、

 

筋肉を介した骨の接触を意味しているにすぎません。

 

肩甲骨を含む上肢骨を支える体幹後部を支える筋肉群は

 

常に大きな負担にさらされています。

 

筋力低下や筋肉の緊張は、肩こりといった不快な症状を容易に引き起こします。

 

また、肩甲骨と脊柱の連携した動きは、

 

これらをつないでいる筋肉の状態に大きく影響されています。

 

いかがでしたか?次回は腹部・横腹についてです。

 

お楽しみに~(^◇^)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月07日

背中の深部にある筋肉群について

 

こんにちは!石山です!

 

最近気温の変化が激しいですが、体調は崩されていませんか?

 

今日は深層部筋肉群(インナーマッスル)の分類と働きについてです。

 

体幹後部(背中)の深層部筋肉群(インナーマッスル)は大まかに4カテゴリーに

 

分類でき、これらのうち、脊柱だけに働くものは「固有背筋」と呼ばれています。

 

上後鋸筋、下後鋸筋は脊柱と肋骨を連結します

 

肋骨を上下運動させることで、胸郭の拡張⇔吸収による呼吸運動に関与しています。

 

脊柱起立筋群は、筋肉の一端が脊柱に、もう一端が骨盤や胸部につながっており、

 

脊柱を後ろから引き上げるロープのような役割を担っています。

 

外側から腸肋金、最長筋、棘筋に分けられます。

 

いくつかの椎骨を長くつないでいるグローバル・マッスルです。

 

横突棘筋群は、脊柱起立筋の内側深層にある筋群で、半棘筋、多裂筋、

 

回旋筋に分けられます。

 

短文節筋群は、そのさらに深層に位置し、棘間筋、横突間筋があります。

 

椎骨同士、椎骨と肋骨を短くつないでいるローカル・マッスルです。

 

これらの筋はそれぞれ独立しているわけではなく、相互に入り組み、部分的に癒着しています。

 

ローカル・マッスルは、椎間関節を小さく動かすことが出来ますが、

 

脊柱全体を大きく動かす働きはありません。

 

脊柱全体を大きく動かくグローバル・マッスルと協調して働くことで、

 

脊柱はその長い柱としての形状を強固に保持したまま動くことができます。

 

人間の身体は常に重力の影響を受けており、

 

構造的にも常に前へ倒れようとする傾向にあります。

 

脊柱起立筋群は重力に抗って身体を後ろから引き上げ姿勢を保持する動きがあり、

 

「抗重力筋群」に含まれます。

 

いかがでしたか?

 

次回は背部(体幹後部)の表面に位置する筋群についてです。

 

お楽しみに~(^◇^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月03日

地域の皆様に寄り添う整骨院よりブログを配信しております

疲れが溜まったときのお身体のメンテナンスをして頂ける東浦和整骨院から、診療時間のお知らせや当院の治療方法についてブログにて配信しております。骨盤の歪みやダイエットなど、役立つ情報も掲載しておりますので、是非ご覧くださいませ。
年齢とともに現れる痛みやしびれだけではなく、デスクワークが中心のビジネスマンは常に方や腰痛を抱えています。そんな辛い症状を解消するために、接骨院として有効な施術メニューを多数ご用意しております。今まで病院や整骨院に通っても効果が期待できなかったという方も、まずはご相談下さい。
東浦和にある当院では、他にもマタニティ整体と産後の骨盤矯正もおこなっております。
キッズルームを完備しておりますので、お子様と一緒にお越しください。