埼玉県さいたま市緑区の東浦和整骨院は口コミで好評の整骨院です。骨盤矯正と姿勢矯正で根本改善を目指します。

東浦和整骨院
東浦和整骨院

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑯

こんにちわ!尾上です。

 

今週は天気があまり

 

良くないですね。

 

体調には十分に

 

気を付けてくださいませ(>_<)
それではさっそく本日のテーマ

 

〈外から触れる筋と触れない筋の違い〉
について説明させていただきます。

 
【奥深くにある筋と表面にある筋は働きが違う】
人間の身体は骨の上に筋が何層にも

 

重なって付いています。
そこで身体の表面にあって外から触れたり

 

活動していることを感じたりする
ことのできる筋をアウターマッスル(表層筋)

 

より深部にあって外から触れなかったり

 

活動を意識しにくかったりする筋を

 

インナーマッスル(深層筋)

 

といって区別します。

 

それぞれの一般的な特性を見ていきましょう。

 

アウターマッスルは

 

見た目に大きく影響します。

 

筋肉質でマッチョな男性などは
まず間違いなくアウターマッスルが

 

鍛えられています。

 

ピクピク動く厚い胸板は
大胸筋、大きな力こぶは上腕二頭

 

子持ちししゃものようにぷっくりとした
ふくらはぎは腓腹筋が

 

鍛えられている状態といえます。
鍛えていることを実感できることから

 

トレーニングをしやすい筋とも
いわれています。

 

これらは主に関節をダイナミックに

 

動かす役割も担っています。

 

 

【重要な役割を担うインナーマッスルの鍛え方とは】
一方、インナーマッスルは身体の

 

奥のほうにあって骨と骨を

 

局所的につないだり
関節を安定させたりすることで

 

アウターマッスルの働きを身体の内側から
手助けする働きをしています。さらに

 

骨格を正しいポジションで維持したり

 

姿勢を矯正したりしているのも

 

インナーマッスルの重要な仕事です。
関節に近い場所に付いているので

 

比較的短い筋である場合が多く
それ自体で大きくダイナミックな

 

関節運動の原動力を

 

生み出すわけではありません。
スポーツ動作のように力強くかつ

 

複雑な動きをしなければならないようなときには

 

大きな力を発揮できるアウターマッスルと

 

ともに働くことで、安全で効率のよい
運動を可能にしています。
とくに、内臓を囲むように存在する体幹の

 

インナー筋は健康にも影響を及ぼす
ことから、一般の人たちのあいだでも

 

鍛えることに対する関心が高まっています。
ただ、アウターマッスルと違って

 

外から見えないため、鍛えていることを
実感しにくい筋です。

 

アウターマッスルを鍛えるときのように

 

大きな負荷をかけるのではなく

 

軽い負荷の運動を繰り返したり不安定な

 

姿勢を維持したり
することで鍛えるのが

 

基本的なやり方です。

 

 

【豆知識】
肩関節の運動にかかわる筋群では

 

三角筋・大胸筋・広背筋などがアウターマッスル
棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋が

 

インナーマッスルに分類されます。

 

 

 

次回のテーマは

 

〈筋収縮の仕方は大きく3つに分けられる〉

 

です。

 

お楽しみに♪

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月23日

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑮

 

こんにちわ!尾上です。

 

6月18日から当院で

 

一周年記念体験会を

 

行っております(^^)

 

骨盤矯正・エステ・オイルマッサージ

 

姿勢のチェックなども行います!

 

是非とも東浦和整骨院に

 

お越しくださいませ☆
それではさっそく本日のテーマ

 

〈多くの関節をまたぐほど筋の機能は複雑になる〉

 

について説明させていただきます。

 

 

【筋は、関節をまたいで作用している】

 

筋は関節をまたいで

 

その両骨の骨に付いているのが普通です。

 

骨との付着部のうち身体の

 

中心(体幹)に近いほうを起始

 

身体の末端にあるほうを停止といいます。

 

そして、筋は互いに連動して働くことによって

 

複雑な関節運動を起こします。

 

たいていの筋はひとつの関節のみを

 

またいで付いている単関節筋ですが

 

2つ以上の関節をまたいで

 

付いているものも少なくありません。

 

これらの筋はまたいでいる

 

関節の数によってさらに分けられます。

 

2つの関節をまたいでいる筋は二関節筋

 

3つ以上の関節をまたいでいる筋は

 

多関節筋と呼びます。

 

多くの関節をまたけばまたぐほど

 

複雑な運動が可能になる一方で

 

どの関節を主に動かす運動かによって

 

筋のはたす役割は違ってきます。

 

代表的な二関節筋としては

 

大腿四頭筋のうちの大腿直筋

 

上腕二頭筋・上腕三頭筋のうちの

 

長頭などがあげられ

 

多関節筋としては背中にある

 

脊柱起立筋群のうち最長筋があげられます。

 

 

【最も典型的な二関節筋が働くしくみ】

 

大腿四頭筋は

 

大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋

 

という4つの筋から成り立っています。

 

いずれも膝蓋骨という骨を介して

 

膝関節をまたいでおり

 

停止はすねの骨の上にあります。

 

一方、起始は異なります。大腿直筋の起始は

 

寛骨にあり、股関節と膝関節の2つを

 

またいでいる二関節筋です。

 

「太ももを引き上げる」ときには

 

腸腰筋とともに主働筋として働きます。

 

また、股関節が固定されているときには

 

「膝を伸ばす」運動の主働筋にもなります。

 

大腿直筋以外の3つの筋はどれも大腿骨に

 

起始があり、膝関節のみをまたいでいる

 

単関節です。これらの筋は大腿直筋とともに

 

「膝を伸ばす」運動の主働筋として

 

働きます。

 

では、逆の運動である「股関節を伸ばす」

 

「膝を伸ばす」ときはどうでしょう。

 

これらの運動には大腿部の後面にある

 

ハムストリングスと呼ばれる筋群の

 

働きがかかわってきます。ハムストリングスは

 

3つの筋からなり股関節と

 

膝関節をまたいでいる二関節筋です。

 

そのため、「膝を曲げる」働きと

 

「股関節を伸ばす」働きを併せ持っています。

 

 

【豆知識】
ハムストリングスは

 

大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋の総称で
走る(ダッシュする)ときに主に使われることから

 

「ランニング筋」とも呼ばれています。
次回のテーマは

 

〈外から触れる筋と触れない筋の違い〉

 

です。

 

お楽しみに♪

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月20日

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑭

こんにちは!尾上です。

 

金曜・土曜といいお天気が

 

続いたのですが今日からまた

 

悪くなってくるようです。

 

体調に十分気を付けて

 

いきましょう!

 

それではさっそく本日のテーマ

 

〈筋は身体を動かすために連動して働く〉

 

について説明させていただきます。

 

【屈筋と伸筋は拮抗関係にある】

 

筋は自ら収縮することができても

 

伸びることはできません。

 

したがってある関節を動かすためには

 

曲げる筋(屈筋)だけでなく

 

逆方向に収縮してその関節を

 

伸ばす筋(伸筋)も必要です。

 

このようにある関節に対して互いに逆の

 

運動を引き起こす筋を拮抗筋と呼びます。

 

すべての関節の運動は拮抗筋どうしの

 

ペアの働きによって成り立っています。

 

例えば力こぶのできる上腕二頭筋は

 

肘関節を曲げる屈筋であり、腕の後面にある

 

上腕三頭筋は肘関節を伸ばす伸筋

 

これらはお互いに拮抗筋どうしの

 

関係にあるといわれていえます。

 

そして、拮抗筋の一方が主働(主動)筋として

 

緊張している状態にある場合

 

その運動をスムーズに効率よく行うには

 

ペアの拮抗筋は弛緩していなければ

 

なりません。というのも、主働筋と

 

拮抗筋が同時に収縮してしまうと

 

それぞれが力を打ち消し合ってしまうからです。

 

この状態を共収縮といい通常はマイナスに

 

働きます。ただ、関節の動きを安定させるために

 

必要なこともあります。

 

【筋にはある運動に対してそれぞれの役割がある】

 

あらゆる運動はひとつの筋によって

 

のみ起こるものではなく、複数の筋が

 

ともに働くことで起こります。

 

運動の方向が変われば同じ筋でも

 

別の役割を果たします。

 

つまり、肘関節を動かす筋であり

 

拮抗関係にある上腕二頭筋と

 

上腕三頭筋ですが、「肘を曲げる」ときと

 

「肘を伸ばす」ときとでは主働筋と拮抗筋の

 

関係が逆になります。さらに主働筋を

 

補うように働く協働(共同)筋と

 

呼ばれる筋もあります。

 

「肘を曲げる」場合で見てみましょう。

 

上腕二頭筋が主働筋、上腕三頭筋が拮抗筋

 

そして同じ上腕にある上腕筋と

 

前腕にある筋群(円回内筋、腕橈骨筋)

 

が協働筋にあたります。

 

また、運動とは直接かかわりがないように見えても

 

姿勢を安定させたり無駄な動きを止めたり

 

関節がずれたりすることを防ぐために働いている

 

筋があります。これは安定(固定)筋と呼ばれ

 

さまざまな動作において常に

 

サポート的な役割をはたしています。

 

 

【豆知識】

 

重力が拮抗筋の作用をするような筋は

 

「抗重力筋」と呼ぶこともできます。

 

例えば立位姿勢を保持するときに活躍する

 

筋群などが当てはまります。

 

次回のテーマは

 

〈多くの関節をまたぐほど筋の機能は複雑になる〉

 

です。お楽しみに♪

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月13日

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑬

こんにちは!尾上です。

 

今月の18日・19日に一周年の

 

イベントを行います!!

 

お時間がある方は是非とも

 

東浦和整骨院にお越しください(^^)

 

さっそくですが本日のテーマ

 

〈関節運動の方向と動かせる範囲には限界がある〉

 

の説明をさせていただきます。

 

 

【3平面を基準に関節の運動を分類する】

 

関節運動を分析するときには通常

 

直交する平面で捉えます。このとき

 

動作面の基準として使われるのが

 

身体を左右に分ける矢状面

 

前後に分ける前額面

 

上下に分ける水平面と呼ばれる

 

3方向の平面です。これらの3平面を

 

基準にして、主要な関節の運動を

 

表現すると次のようになります。

 

まず、矢状面上で行われる前後の運動は

 

関節を曲げる場合を屈曲

 

伸ばす場合を伸展といいます。

 

肘関節、肩関節、股関節、膝関節の

 

運動に使います。

 

次に、前額面上を左右に動く運動で

 

身体の中心から遠くへ離れていく

 

動きを外転、逆に近づいてくる動きを

 

内転といいます。肩関節や股関節に使います。

 

最後は水平面上を回旋する運動で

 

身体の中心から外向きになる

 

動きを外旋、内向きになるような

 

動きを内旋といいます。

 

肩関節、股関節に使います。

 

肩甲骨、肘関節、手関節、足関節などは

 

慣例として特殊な表現も使われます。

 

 

【関節が動ける範囲は決まっている】

 

関節は部位によって動ける範囲が

 

決まっています。特別な障害のない状態で

 

動かすことのできる範囲を関節可動域と

 

いいます。関節可動域には関節を

 

構成する靭帯、腱、筋、関節包などの

 

状態がかかわってきます。これらの組織が

 

硬いほど関節可動域は狭くなります。

 

ここでいう「硬さ」は筋の緊張によっても

 

引き起こされるためストレッチングなどで

 

筋の緊張を解くことができれば

 

関節可動域は広くなります。

 

また、ひとつの運動に対して

 

2つの関節がかかわっている場合には

 

それら両方の関節可動域を加算したものが

 

動作の可動域となります。

 

たとえば、正常な肩関節に場合

 

腕は約180度まで上げられますが

 

このとき肩甲上腕関節によって動かせるのは

 

約120度までで、残りの60度は

 

肩甲骨の外転によります。

 

つまり、肩甲骨の外転運動は

 

肩甲上腕関節と肩甲骨が2:1の

 

割合で使われることでスムーズな

 

運動が保たれているのです。

 

これを肩甲上腕リズムといい

 

このリズムが崩れると力が入りにくく

 

なったり、障害の原因となったりします。

 

【豆知識】

 

肩甲骨を上げることを挙上

 

下げることを下制

 

肘関節にかかわる前腕の運動は

 

手のひらを上に向けることを回外

 

下に向けることを回内と呼びます。

 

次回のテーマは

 

〈筋は身体を動かすために連動して働く〉

 

です。お楽しみに♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月09日

運動にかかわる筋肉のしくみについて⑫

こんにちは!尾上です。

 

早いものでもう6月ですね!

 

5日から関東も梅雨入りを

 

発表されたみたいです。

 

傘が手放せない日が続きそうですね。

 

さて、さっそく本日のテーマ

 

〈関節はつながり方によって運動方向が違う〉

 

についての説明をさせていただきます。

 

 

【関節面には色々な形状がある】

 

関節の運動には、曲げる

 

伸ばすの他に骨の長軸方向に

 

まわすという運動もあります。

 

2つの骨の関節面が凸凹の

 

関係ではまり合うように

 

なっている場合がほとんどですが

 

中には平面どうしであったり

 

一方が球面であったりするものも

 

あります。

 

関節面の形状や運動方向の異なる

 

6種類の関節について

 

その特徴をみていきましょう。

 

  • 一軸性関節

 

運動軸がひとつしかなく

 

ひとつの平面内でのみ

 

動かすことのできる関節で

 

形状から2つに分けられます。

 

蝶番関節は関節をつくる

 

一方の骨に溝、他方の骨には

 

隆起があり、ちょうどぴったり

 

はまる構造になっていて

 

一定方向に曲げたり伸ばしたり

 

できます。また、車軸関節は

 

骨の長軸方向の回転運動を行う

 

関節で、一方の骨が円柱状の

 

まわりを滑るように動く

 

仕組みとなっています。

 

肘関節は蝶番関節と車軸関節の

 

合わさった形態となっているため

 

曲げたり伸ばしたりできるうえに

 

前腕部を内側と外側に

 

まわすこともできるのです。

 

  • 二軸性関節

 

二軸性関節は運動軸が2つあり

 

円錐を描くような動きが

 

可能なのが特徴です。

 

一方の骨と他方の骨が凸凹の

 

関係でつながっていて

 

通常は凸側の骨が軸となります。

 

親指を付け根から動かす関節に

 

代表される鞍関節はその名の通り

 

馬の鞍に人がまたがっている

 

状態と同じ形をしているのが

 

特徴です。もうひとつは

 

手首を動かす関節で、一方の骨が

 

楕円形の半球状をしていることから

 

楕円関節といいます。前後・左右の

 

2方向への運動が可能です。

 

  • 多軸性関節

 

多方向への運動が可能な関節です。

 

肩関節のように一方が球状

 

もう一方がくぼみをつくっている

 

ものを球関節といい、あらゆる

 

方向にまわせるなど自在に

 

動かすことができるのが

 

特徴です。ただし、股関節の

 

ようにくぼみが広くて

 

深いものは臼状関節と

 

区別して呼ぶこともあります。

 

また、小さな骨が連結している

 

背骨のように関節面が平面

 

どうしのものは平面関節といい

 

靭帯によって制限されているため

 

可動範囲は小さいですが

 

多方向へ動かせます。

 

 

【豆知識】

 

凸側の骨を固定し凹側の

 

骨を動かすと接触面は骨の

 

動く方向に滑るが、凹側の

 

骨を固定し凸側の骨を動かすと

 

逆方向に滑ります。

 

これを「凸凹の法則」

 

といいます。

 

 

次回のテーマは

 

〈関節運動の方向と動かせる範囲には限界がある〉

 

です。お楽しみに♪

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月06日

地域の皆様に寄り添う整骨院よりブログを配信しております

疲れが溜まったときのお身体のメンテナンスをして頂ける東浦和整骨院から、診療時間のお知らせや当院の治療方法についてブログにて配信しております。骨盤の歪みやダイエットなど、役立つ情報も掲載しておりますので、是非ご覧くださいませ。
年齢とともに現れる痛みやしびれだけではなく、デスクワークが中心のビジネスマンは常に方や腰痛を抱えています。そんな辛い症状を解消するために、接骨院として有効な施術メニューを多数ご用意しております。今まで病院や整骨院に通っても効果が期待できなかったという方も、まずはご相談下さい。
東浦和にある当院では、他にもマタニティ整体と産後の骨盤矯正もおこなっております。
キッズルームを完備しておりますので、お子様と一緒にお越しください。