埼玉県さいたま市緑区の東浦和整骨院は口コミで好評の整骨院です。骨盤矯正と姿勢矯正で根本改善を目指します。

東浦和整骨院
東浦和整骨院

交通事故についてのよもやま話シリーズ6

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

今日で今月も半分ですね。

 

時の経つのは早いですね。

 

 

 

さて、今日は、「運行供用者」について説明させていただきます。

運行供用者とは
運行供用者とは、自分のために自動車を運行の用に供する、
つまり走らせている者です。
一般には自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有するもの(所有者等)が
運行供用者に該当しますが、所有者等であっても運行供用者に該当しない場合もあり、
反対に所有者等でなくとも運行供用者にに該当する場合があります
なお、所有者等でかつ運行供用者である者を「保有者」といいます(自賠法2条3項)。
所有者等であっても運行供用者でない例は、所有権留保つき割賊販売の売り主、
自動車の修理を依頼した者、自動車を盗まれた者などです。
これらは、その自動車の運行支配または運行利益が認められないという理由で
運行供用者ではないとされます。
しかし、キーを差し込んだまま路上駐車して無断運転された場合には、
所有者等に保管上の過失があるという理由で、運行供用者責任を問うことができます。
次に、所有者等でないのに運行供用者となる例は、
修理や保管を託された修理業者、名義を貸すことによって
実質的な利益を得または運行支配を及ぼしている名義貸与者などです。
これらは、その自動車の運行支配または運行利益が認められるので、
所有者等でなくとも運行供用者であるとされます。
なお、自動車の登録名義人(「所有者」欄または「使用者」欄に記載されている人)は、
とりあえずはその自動車の所有者等であると考えられますが、必ずしも所有者に当たるとは限りません。
例えば、自動車を売却したがなお名義が残っていた場合の名義人は、
所有者等でもなく、また運行供用者でもありません。
それでは、今日はこの辺で。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月15日

交通事故についてのよもやま話シリーズ5

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

 

最近花粉症じゃないかって言われるほどくしゃみが止まりません。

 

おかげで先日夜中まで眠れず4時半まで起きていました。

 

それでも仕事はきっちりやっております。

 

安心してお越しください。

 

 

 

それでは今日は共同不法行為についてです。

 

共同不法行為
加害者は一人であるとは限りません。
複数の人間の行為がたがいに関連して、
共同して一つの不法行為を構成する場合があります。
このような共同不法行為は具体的には、次のようなケースがあります。
①車両同士の追突事故で、通行人がまきぞえで
 負傷した場合の各車両の運転手。
②交通事故で負傷して治療を受けたところ、
 医師のミスで傷が悪化した場合の運転手と医師。
③無免許者に車を貸した場合の無免許者と貸した人。
助手席に乗って運転を教えている途中に事故が起きた場合の運転手と助手席の人。
車を運転することを知りながら酒をすすめた場合の運転手と酒をすすめた人。
家畜が突然道路に走ってきて衝突されたために暴走して
 事故を起こした場合の、暴走車の運転手と家畜の所有者。
道路のくぼみにはまって自転車が転倒したところに後続車が
 突っ込んだ場合の道路管理者と後続車の運転手。
共同不法行為者はそれぞれが連帯して
損害賠償責任を負います(民719条1項)。
したがって、被害者は共同不法行為者の誰に対しても、
また全員に対して順次または同時に損害賠償を請求することができます。
しかし、一人がすべてを賠償すれば残り全員が責任を免れます。
問題は、共同不法行為者のうちの一人と示談したとき、
または一人に対する損害賠償請求を放棄(免除)したとき、
他の共同不法行為者の責任はどうなるかです。
この点、最近の通説・判例は、他の共同不法行為者の責任には影響がなく、
被害者は損害の残部について金額を請求することができると解しています。
このように解釈することが民事責任の公平の理念に合致していると考えているためです。

 

以上です。

 

それではまた来週もお楽しみに~。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月11日

交通事故についてのよもやま話シリーズ4

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

 

それでは今週も交通事故についてお話ししましょう。
今日は、交通事故において「加害者」について説明させていただきます。
過失責任主義
まず、損害賠償の請求の相手方として問題となるのは
他人に損害を与えた加害者ですが、加害者が損害賠償を請求されるのは
他人に損害を与えたことが「故意又は過失に因」る場合でなければなりません(民709条)。
故意も過失もない者にまで責任を負わせることは
個人の社会経済活動の自由を奪うことになり、
妥当でないという考え方です。
これは民法の大原則であって過失責任主義と呼ばれるものです。
したがって、交通事故でも加害者に過失がない場合には、
その人に損害賠償を請求することはできないことになります。
もっとも、現実の裁判においては、加害者の方が過失がないことを
立証させることとして、実質的に無過失責任を負わせることが
妥当な場合も多いと考えられます。

 

 

過失責任主義。

 

お分かりになりましたでしょうか!?

 

 

次回は、【共同不法行為】についてご説明いたします。

 

では、また。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月08日

子連れの患者さんに是非・・・。

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

今日はあいにくの雨ですね。

 

でも、乾燥していましたから少し乾燥予防や花粉症の方には

 

いいかもしませんね。

 

 

ところで、タイトルにありました、

 

子連れの患者さんに是非・・・。

 

って何のこと!?

 

とお思いの方もいらっしゃると思います。

 

何のことかって!?

 

実は、私がとてもお世話になっています

 

比田井美恵さんという方がいらっしゃるのですが、

 

先月旦那様である比田井和孝さんと一緒に新刊を

 

出版されたんです。

 

そのタイトルが

 

私が一番受けたいココロの授業~子育て編~

 

なんです。

 

日頃、お子様連れの患者さんが多い当院ですが、

 

子育てで悩まれている方もいらっしゃるんじゃないかなって思います。

 

そんな方々に是非この本を読んでもらいたいなって思います。

 

知り合いの本だからって訳ではなくて、

 

この本は子育てだけじゃなく人間関係にも十分生かすことができる

 

ヒントがたくさん書かれています。

 

私が、読んだ本の中で間違いなくベスト10に入ります。

 

超おススメです。

 

もちろん、アマゾンや書店なんかで買うのもいいです。

 

でも、もしサイン本の方がいいなぁって方は是非

 

私に言ってくださいね。

 

今サイン本送ってくださいって頼んじゃいましたから。

 

間もなく、たくさんサイン本が届くと思います。

 

そんな比田井さん夫婦、本当素敵です。

 

そのうち、講演してもらおうかなぁって本気で思っています。

 

それぐらい素敵なんです。

 

是非ご興味ある方は、お読みくださいね。

 

私が一番受けたいココロの授業~子育て編~

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月07日

マタニティ整体(妊婦整体)についてのよもやま話シリーズ1

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

先日、マタニティ整体(妊婦さんのための整体)の来院の方が増えた

 

というお話をしたと思いますが、電話でのお問合せも多いので

 

妊婦さんのこと、妊娠した時の注意点など

 

不定期ではありますがコメントしていきたいと思います。

 

題して

 

【マタニティ整体(妊婦整体)についてのよもやま話シリーズ】

 

 

本日は、『妊娠した時、体はどう変わるか?』

 

をテーマにお話ししたいと思います。

 

 

妊娠したその日から体内では赤ちゃんが育つための環境づくりがスタートします。

 

見た目に変化が少なくても、ホルモンの影響を受けて着々と体内が変化する妊娠初期は、

 

つわりに苦しむ人もいらっしゃいます。

 

外見的にも変化がはっきりと感じられるようになるのは、妊娠中期の5か月頃から。

 

赤ちゃんの成長につれて、おなかのふくらみが目立ち始め、それを支える骨盤や背骨

 

などの骨格も変化していきます。

 

 

 

子宮の変化

 

妊娠初期

 

妊娠0~15週(1~4ヶ月)。つわりを乗り越え、胎盤が完成。

 

おなかはまだあまり目立ちません。

 

妊娠中期

妊娠16~27週(5~7ヶ月)。安定期に入り、赤ちゃんが成長するに

 

つれておなかが目立ち始めます。

 

妊娠後期

 

妊娠28~39週(8~10ヶ月)。子宮が一段と大きくなり、子宮底が下がって

 

お産の準備が進みます。

 

 

今日はここまで。

 

 

 

妊娠中のケアについて何かわからないことがございましたらお気軽にご連絡ください。

 

 

お問合せ先⇒ 048-711-9825

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月02日

地域の皆様に寄り添う整骨院よりブログを配信しております

疲れが溜まったときのお身体のメンテナンスをして頂ける東浦和整骨院から、診療時間のお知らせや当院の治療方法についてブログにて配信しております。骨盤の歪みやダイエットなど、役立つ情報も掲載しておりますので、是非ご覧くださいませ。
年齢とともに現れる痛みやしびれだけではなく、デスクワークが中心のビジネスマンは常に方や腰痛を抱えています。そんな辛い症状を解消するために、接骨院として有効な施術メニューを多数ご用意しております。今まで病院や整骨院に通っても効果が期待できなかったという方も、まずはご相談下さい。
東浦和にある当院では、他にもマタニティ整体と産後の骨盤矯正もおこなっております。
キッズルームを完備しておりますので、お子様と一緒にお越しください。