埼玉県さいたま市緑区の東浦和整骨院は口コミで好評の整骨院です。骨盤矯正と姿勢矯正で根本改善を目指します。

東浦和整骨院
東浦和整骨院

腹部・横腹(体幹前・側部)の筋肉群

 

こんにちは!石山です!

 

梅雨は来るのかな?と思わせるような暑い日が続いていますね!

 

今日は腹部・横腹(体幹前・側部)の筋肉群についてです。

 

腹腔の形態は腹筋群の力によって維持される

 

体幹の上約半分は「胸郭」という骨(胸椎、肋骨、胸骨)に取り囲まれた空間があり、

 

心臓や肺といった内臓を保護しています。

 

体幹の下約半分は「腹腔」という筋肉で取り囲まれた空間があり、

 

胃、腸、肝臓といった内臓を収めています。

 

腹腔は胸郭のような骨ではなく、前部を腹直筋、外側部を内腹斜筋、外腹斜筋、

 

腹横筋といった腹筋群によって取り囲まれています。

 

腹腔の形態は、これらの腹筋群が力を発揮し続けて腹部を引き締めることによって

 

維持されます。

 

腹筋群を鍛える意義

 

人は大きな力を出そうとする時、無意識に息を吸って、

 

いったん体幹を膨張させてから動作を開始します。

 

緊張した体幹を、腹筋群を使って収縮させると体内の圧(腹圧)が高まります。

 

そうすることで体幹が強く固定され、大きな力を発揮できるようになるからです。

 

この腹筋群の力を補うものとして、体幹補助装具(コルセットやトレーニング・ベルトなど)

 

があります。

 

体幹補助装具の目的は“腰部の固定”と“腹圧を高めること”にありますが、

 

本来働くべき腹筋群や、腰椎を固定するインナー・マッスルが衰えてしまうので、

 

それらに頼りすぎるのも問題です。

 

腹筋群が弱まると、腹腔に収まる内臓は前方に向かってせり出していき、

 

腹部が膨らんでしまいます。腹部が前方にせり出して来ると、腰椎の前弯が大きくなります。

 

つまり腹筋群を鍛えることは、腹腔内の内臓を正しい位置に保ち、

 

腰椎の過剰な前弯を予防するためにも重要なことなのです。

 

一般的な腹筋運動(体幹の屈曲運動)は、腹筋群をまんべんなく強化する体幹の

 

トレーニングとしては、不十分といえます。

 

いかがでしたか?

 

次回は腹腔深部の筋肉群についてです。

 

お楽しみに~(^◇^)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年06月10日