埼玉県さいたま市緑区の東浦和整骨院は口コミで好評の整骨院です。骨盤矯正と姿勢矯正で根本改善を目指します。

東浦和整骨院
東浦和整骨院

マタニティ整体(妊婦整体)についてのよもやま話シリーズ2

 

皆さんこんにちは。

 

東浦和整骨院の浅見です。

 

3月12日の今日はなんと、うちの息子の誕生日です。

 

今日で8歳です。

 

 

さてさて、そんな息子がおなかの中にいたのも8年前。

 

そんなマタニティのお話を今日もしていきたいと思います。

 

マタニティ整体(妊婦整体)の患者様も増えてまいりましたので

 

不定期ですが情報発信をさせていただきます。

 

 

妊娠したら体はどう変わるのか?

 

前回の続きから。

 

赤ちゃんと子宮が大きくなる妊娠期間中に、大切な役割を果たすのが骨盤です。

 

お尻側に仙骨、その両側に2枚の腸骨、それをお腹側でつなぐ恥骨からなる大きな骨で、

 

子宮や卵巣、膀胱などの大切な臓器をぐるりと囲むようにガードしています。

 

妊娠中は、少しずつ骨と骨との間隔が広がっていき、大きくなる赤ちゃんと子宮を支えます。

 

 

子宮の変化

 

初期

 

妊娠0~15週(1~4ヶ月)。つわりを乗り越え、胎盤が完成。

 

おなかはまだあまり目立ちません。

 

中期

 

妊娠16~27週(5~7ヶ月)安定期に入り安定期に入り、赤ちゃんが成長するにつれて

 

お腹が成長するにつれてお腹が目立ち始めます。

 

後期

妊娠28~39週(8ヶ月10)。子宮が一段と大きくなり子宮底が下がってお産の準備が進みます。

 

 

 

バランスが悪いと心も体も不安定になります。

 

妊娠前の背骨は、正しい姿勢の時には緩やかなS字カーブを描いています。

 

ところが、妊娠中は、大きくなる子宮の重みで体の中心軸が前に移動し、背骨が湾曲。

 

S字のカーブが極端になります。

 

このような姿勢は腰痛や背中の痛みなど、不調の原因に。

 

また、体のバランスが悪くなると心も不安定になりやすく、メンタル面にもマイナスになります。

 

重心を意識する練習をしていくと、お腹が大きくても体のバランスを保てるコツがつかめます。

 

 

 

今日はこの辺で。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
東浦和整骨院
http://higashiurawa-seikotsuin.com/
住所:埼玉県さいたま市緑区
東浦和4-7-6鈴木ビル1階
TEL:048-711-9825
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
投稿日:2016年03月12日